トップ 全国漢方薬店リストについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

全国漢方薬店リスト漢方薬の知識 > 漢方薬と西洋薬について

漢方薬と西洋薬について

漢方薬と西洋薬についての画像

漢方薬と西洋薬の違いを比べてみましょう。まず、大きな違いは、治療に対する考え方だといえます。漢方薬は、個人個人の体質や症状に合わせて、数種類の生薬を配合していきます。そして、体質の変化から、病気の根底的な治療を長期的なスパンで進めていきます。西洋薬は、症状・病状に合わせてもっとも有効な成分を処方します。病気の治療は集中的で、その病気の症状事態の治療・緩和を目指します。

漢方薬は、一回の処方でひとつの薬剤を調合します。その中には、個人の処方にあった様々な成分が含まれているので、オーダーメイドなお薬ともいえます。西洋薬の場合、ひとつの病状に対して、ひとつの薬剤が投与されるわけですから、複合的な疾患の場合、それだけ服用する薬剤も増えていきます。

また、漢方薬では、人体をひとつの大きなつながりと見なし、病気の症状を全体的な治癒によって治していくという考え方をしますが、西洋薬では、人体を各部位ごとのそれぞれに専門分野の治療に従います。その分、西洋薬は、効き目が強いのですが、治療に関係ない部位に副作用としてダメージを与えることもあります。

漢方薬と西洋薬には、それぞれに長所があります。痛みを取る、炎症を抑える、熱を下げるといった、即効性を期待する場合は西洋薬を利用し、特に病名が特定できない体の不調などには漢方薬を利用して、体を治癒するという風に、賢く使い分けることも出来ると思います。信用の置ける医師や漢方薬剤師、また、民間の漢方治療薬を利用する場合は信頼できるメーカーを選ぶ、ということも大切な要素だと思います。どちらがいい悪いではなく、何をどのように利用するか、ということが大切だと思います。



スポンサー広告

ネットショップ広告


全国漢方薬店リストのおすすめ業者一覧はこちら。


    Warning: file_get_contents(http://shikailist.biz//select/r.cgi?day=15) [function.file-get-contents]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 500 Internal Server Error in /home/shikaili/public_html/010chishik-1/006.html on line 91

今日のお勧め記事 ⇒ 漢方薬の歴史

漢方薬の歴史の歴史についてお話します。漢方薬というのは元々は中国の技術でした。平安時代の遣唐使派遣によって、その技術が日本に伝えられたといわれています。もっと詳しくもうしますと、かの有名な鑑真和尚によってもたらされてたと言う説もあります。ひらがなと同じくらい古くからある医療、それが漢方なのです。 もともと漢方薬は、動植物や昆虫など生活の中で得られる成分からなる薬です。中国から伝わった漢方薬は、日本独自の風土を取り入れた処方で受け継がれていくようになりました。おばあちゃんの知

全国漢方薬店リストについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。