トップ 全国漢方薬店リストについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

全国漢方薬店リスト漢方薬の知識 > 漢方と生薬の違いについて

漢方と生薬の違いについて

漢方と生薬の違いについての画像

漢方薬に興味があるかたは「自然な生薬配合の」といったフレーズを耳にしたことも、あるのではないでしょうか?この生薬と言うのは、漢方のことを指すのか、それとも生薬と漢方は違うのかと疑問に思われている方もいらっしゃるかもしれません。最近生薬の成分を配合している健康食品やお茶などに、漢方の名前がついているために、漢方に興味のある方は混同してしまうようですね。実際生薬とは、どんなものを指すのでしょうか?

生薬は、漢方薬を構成している薬草などの植物の根・葉・皮・果実や種、また動物、鉱物を指すそうで、その生薬を数種類組み合わせて、服用する人の体質や体の症状にあわせたものが漢方薬となるそうです。中国薬物研究所などによれば、生薬の種類はなんと薬草類が278種類、動物類は52種類、昆虫類は18種類、 鉱物類は36種類と、合計で394種類もの種類があるのだそうですよ。気になる方は、それぞれの種類にどんなものが使われているのか、チェックしてみてくださいね。

ちなみに、漢方薬を作り上げている生薬の組合せは、実はその生薬の量や比率など、歴史上で使われた経験などを考慮して安全性の高い組み合わせとなっているようなので、心配はいらないようです。また、生薬の生は、ナマモノの新鮮な生という意味に受け取ってしまいそうですが、生薬の生は、手を加えていないものという意味なのだそう。それから、ヨーロッパなどで用いられる生薬は、ハーブと呼ばれているそうです。



スポンサー広告

ネットショップ広告


全国漢方薬店リストのおすすめ業者一覧はこちら。


    Warning: file_get_contents(http://shikailist.biz//select/r.cgi?day=15) [function.file-get-contents]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 500 Internal Server Error in /home/shikaili/public_html/010chishik-1/015.html on line 88

今日のお勧め記事 ⇒ 漢方薬の飲み方について

漢方薬の服用は、吸収を良くするために、食後2時間、または食前1時間位の空腹時といった食間と呼ばれる時間に服用するのが一般的です。もし、飲み忘れてしまった場合は、食後でもかまわないのですが、中には作用の強い漢方薬もあるので、服用する感覚が短くなってしまう場合には、無理して飲まずに、そのまま次の服用まで飲まないほうがいいでしょう。間違っても、飲み忘れたから一度に二回分服用するということは、してはいけません。副作用のリスクが二倍になると考えた方がいいです。 通常の薬剤のように、水

全国漢方薬店リストについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。