トップ 全国漢方薬店リストについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

全国漢方薬店リスト漢方薬の飲み方 > 漢方薬の飲み合わせについて

漢方薬の飲み合わせについて

漢方薬の飲み合わせについての画像

漢方薬同士の飲み合わせというのは、重篤な弊害はないですが、効果が重複する場合があるのでしないほうがいいと思います。ただし、甘草という成分においては、大量に摂取すると低カリウム血症などの症状にみまわれる偽アルドステロン症を起こしやすくなるので、一日6g以上にならないようにしなくてはなりません。やはり、そのような事も考慮すると、飲み合わせは避けたほうがいいでしょう。

風邪の場合、西洋薬の総合感冒薬と葛根湯などの漢方薬を飲み合わせてしまいがちですが、それ自体に問題はありません。ただし、解熱作用のある市販の西洋薬と葛根湯の飲み合わせは、熱を下げる作用と、葛根湯のもっている体を温める作用が相殺されてしまうので、何の効果も得られなくなってしまうのです。

また、狭心症の治療を漢方薬で行っている場合、高血圧症や狭心症で使用するβ遮断薬を飲み合わせも、治療の効果が得られなくなります。β遮断薬は体の機能を抑える働きがあるので、機能を強化・補助する漢方薬の働きを抑えてしまうのです。

飲み合わせによっては、副作用が出てしまう場合もありますので、病院になどで薬を処方してもらう場合は、現在服用している漢方薬もきちんと伝えたほうがいいでしょう。良く知られている、副作用の出てしまう飲み合わせは、西洋薬のインターフェロンと漢方薬の小柴胡湯の飲み合わせというものがあります。インターフェロンと小柴胡湯を飲み合わせてしまうと、間質性肺炎という肺胞と肺胞の間に炎症が起こる病気を併発してしまう可能性があるので、注意が必要です。



スポンサー広告

ネットショップ広告


全国漢方薬店リストのおすすめ業者一覧はこちら。


    Warning: file_get_contents(http://shikailist.biz//select/r.cgi?day=15) [function.file-get-contents]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 500 Internal Server Error in /home/shikaili/public_html/020nomikat/007.html on line 91

今日のお勧め記事 ⇒ 漢方医学の歴史

中国の伝統医学が日本に渡ってきたのは、6-7世紀ごろと言われているようです。平安時代・鎌倉時代と、漢方医学は日本ではお寺や僧侶などによって勉強され、僧侶などが患者さんを治療していたようです。室町時代になると、漢方医という職業が出現したそうで、室町時代までの漢方医学の歴史は、漢方医学の受容期と言われているそうです。 江戸時代に入ると、漢方医学はとても盛んになったようです。たくさんの村に漢方医が存在し、薬屋さんも出来て、漢方薬を担いで商売をする薬の行商人が、日本の全国各地を旅し

全国漢方薬店リストについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。