トップ 全国漢方薬店リストについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

全国漢方薬店リスト漢方薬の飲み方 > 漢方薬の煎じ方について

漢方薬の煎じ方について

漢方薬の煎じ方についての画像

漢方薬を煎じて飲む、とよくいいますが、「煎じる」というのはどうすればいいのか、知らない方が多いと思います。ここでは漢方薬の煎じ方について、ご紹介します。

まず、「煎じる」ということは、単にお湯をそそいで、お茶のように飲むということではありません。「煮出す」といったほうが、わかりやすかもしれませんね。つまり、薬や生薬を煮出して、エキスを染み出させ、その煮汁を飲むことを「煎じて飲む」というのです。

煎じる容器は、鉄や銅のものは避けて、焼き物かガラス製のものが適切です。ホウロウやアルミのヤカンやお鍋でも大丈夫です。容器の中へ一日分の漢方薬入れ、水から煮ていきます。半分ほど水分が飛びますので、一日分の漢方薬に対して、水は600mlがいいでしょう。火は弱火で、沸騰したら、十分から二十分ほどそのまま煮出していきます。火を止めたら、すぐに煮出した元の漢方薬は、茶漉しなどで除きます。再び弱火で、さらに四十分ほど煮詰めて、水分が半分ほどに減ったら終了です。一回分100 mlほどの煎じ薬が出来上がります。出来上がった煎じ薬は、食間に服用します。温かい状態で飲むほうがいいのですが、夏などは、冷蔵庫で冷やして飲みやすくするのもいいでしょう。

近頃は、手軽なシロップ状の漢方薬もでていますが、やはり効果的なのは煎じて飲む方法です。本格的に漢方薬治療を行いたい方は、是非土瓶の煎じ道具を購入されて、本格的に始められるのもいいと思います。



スポンサー広告

ネットショップ広告


全国漢方薬店リストのおすすめ業者一覧はこちら。


    Warning: file_get_contents(http://shikailist.biz//select/r.cgi?day=15) [function.file-get-contents]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 500 Internal Server Error in /home/shikaili/public_html/020nomikat/008.html on line 91

今日のお勧め記事 ⇒ 漢方と最新医療について

漢方と言えば、日本では昔から愛されてきた治療法の一つですよね。自然の成分からその人の症状に合った薬を調合し、煎じてもらうことでいろいろな体の不調を直すことができると考えられています。 日本に漢方が渡ってきてから約1500年をかけて、今の立場を確立しつつある漢方ですが、1967年から漢方薬は西洋医学の薬と同じように健康保険が適用となり、臨床現場でも活用されるようになってきたわけです。そして最近では、アメリカで最新医療としても漢方医療は注目を浴びるようになってきたようです。 と

全国漢方薬店リストについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。