トップ 全国漢方薬店リストについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

全国漢方薬店リスト漢方薬の効果 > 漢方薬の効果

漢方薬の効果

漢方薬の効果の画像

漢方薬は、この病気にはこれ、といった西洋医学に基づいた薬のように、処方される薬はないそうです。漢方医学では、病気はピンポイントではなく、体全体と考えますから、病気が起こるには、体や体質に何らかの原因があって、その体質を改善することで病気の症状が改善されると考えるわけですね。

たとえば、友達の病気にこの漢方がぴったりだったから、自分も同じ病気で悩んでいるし、その漢方を処方してもらえば私の病気も治るわ、と考えるのは間違っているともいえるわけです。お友達の体と、あなたの体では、病気が起こった原因が違うかもしれませんからね。そういうわけで、オーダーメイド、自分の体質に合った漢方を処方してもらうことで、漢方薬は病気に対して効果を発揮することができるわけです。

漢方薬が最大の効果を発揮するのは、やはり漢方薬局や漢方医など、漢方の知識と経験が豊富の方にしっかり診てもらい、処方してもらうのが一番のようです。ただし、現代の日本では病気へのアプローチとしては、西洋医学の薬と合わせて漢方を併用するパターンが一般的のようですね。たとえばお医者さんで西洋医学の薬を処方してもらってる人が、漢方も飲みたいとなったときには、かかりつけのお医者さんと漢方薬局、両方に相談することが必要です。漢方薬の効果が西洋医学の薬の効果を半減させてしまったり、またその逆も大いにありうるそうですからね。

また、漢方薬の効果を最大限に発揮するためには、説明された通りに飲まないといけないというのもポイントのようです。漢方薬は大抵食間、食後2-3時間に飲むのが良いとされているそうですが、面倒くさくて食前や食後に飲んでしまっては効果がなくなってしまうことも、また副作用が出てしまう恐れもあるのだそうです。



スポンサー広告

ネットショップ広告


全国漢方薬店リストのおすすめ業者一覧はこちら。


    Warning: file_get_contents(http://shikailist.biz//select/r.cgi?day=15) [function.file-get-contents]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 500 Internal Server Error in /home/shikaili/public_html/030kakouka/020.html on line 91

今日のお勧め記事 ⇒ 漢方薬の煎じ方について

漢方薬を煎じて飲む、とよくいいますが、「煎じる」というのはどうすればいいのか、知らない方が多いと思います。ここでは漢方薬の煎じ方について、ご紹介します。 まず、「煎じる」ということは、単にお湯をそそいで、お茶のように飲むということではありません。「煮出す」といったほうが、わかりやすかもしれませんね。つまり、薬や生薬を煮出して、エキスを染み出させ、その煮汁を飲むことを「煎じて飲む」というのです。 煎じる容器は、鉄や銅のものは避けて、焼き物かガラス製のものが適切です。ホウロウや

全国漢方薬店リストについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。