トップ 全国漢方薬店リストについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

全国漢方薬店リスト漢方薬を学ぶ > 漢方薬を学ぶ

漢方薬を学ぶ

漢方薬を学ぶの画像

日本で漢方を学べる学校があります。それをいくつかご紹介したいと思います。

天津中医大学日本校(http://www.t-chuyaku.com/index.html)は、未来の選択肢が広がる教育システムが特徴的な学校です。西洋医学を基本とした薬学教育に、漢方医薬学を専門的に学習します。また、中国本土の本校に留学するシステムもあるので、本格的な漢方の知識を学ぶことが出来ます。文部科学省より保証を受けている、日本で唯一の中国系大学です。

神戸東洋医療学院(http://www.k-toyoiryo.com/examination.html)は、鍼灸師専門の学校ですが、漢方薬についても学ぶことが出来ます。天津中医大学日本校にも在籍することになるので、中国本土への留学も可能です。また、薬学大学への編入も可能です。神戸市母子家庭高等技能訓練促進費が適用になるので、対象の方には大変有効な制度といえます。こちらは、社会人夜間部特別入試制度を導入していますので、転職を考えてる方、興味のある方などは、一度サイトをチェックしてみてもいいかもしれません。

興味があるから勉強してみたいという方は、インターネットを利用するといいかもしれません。『漢方ビュー(http://www.kampo-view.com/interview/rikaco.html)』は、そんな方に適した漢方専門のサイトです。初心者にも分かりやすく噛み砕いて漢方について説明していますし、体験談も豊富に載っていて参考になります。漢方専門の医師の検索マップもあるので、ご近所の漢方医を探すのに便利です。



スポンサー広告

ネットショップ広告


全国漢方薬店リストのおすすめ業者一覧はこちら。


    Warning: file_get_contents(http://shikailist.biz//select/r.cgi?day=15) [function.file-get-contents]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 500 Internal Server Error in /home/shikaili/public_html/040kanmana/009.html on line 91

今日のお勧め記事 ⇒ 漢方薬の飲み合わせについて

漢方薬同士の飲み合わせというのは、重篤な弊害はないですが、効果が重複する場合があるのでしないほうがいいと思います。ただし、甘草という成分においては、大量に摂取すると低カリウム血症などの症状にみまわれる偽アルドステロン症を起こしやすくなるので、一日6g以上にならないようにしなくてはなりません。やはり、そのような事も考慮すると、飲み合わせは避けたほうがいいでしょう。 風邪の場合、西洋薬の総合感冒薬と葛根湯などの漢方薬を飲み合わせてしまいがちですが、それ自体に問題はありません。た

全国漢方薬店リストについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。