トップ 全国漢方薬店リストについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

全国漢方薬店リスト神奈川県 > 薬心堂漢方薬局

薬心堂漢方薬局

薬心堂漢方薬局

不妊症などの婦人病・アトピー・癌の術前術後・慢性病の漢方相談

開局15年、ご来店又はお電話で貴方の症状を詳しくお聞きした上で中国医学的に症状を分析し適切な漢方薬を調合いたします。ご遠方の方へはお電話での相談の上で日本全国(海外も可)へ、漢方薬を代金引換で発送できます。(国内は1万円以上の場合送料サービスです。)

薬心堂漢方薬局:DATA
住所〒211-0044
神奈川県川崎市中原区新城3丁目15-23
電話044-788-7785
FAX044-788-7785
URLhttp://www.bea.hi-ho.ne.jp/natural/
営業月から土 10:00~19:00休業日 日曜日・祝日
駐車場103台 駐車料金 無料
業種漢方薬店、漢方薬・薬草、健康・自然食品、薬局
アクセス(最寄駅)
○JR南武線・武蔵新城駅・南口出口徒歩2分(東横線は武蔵小杉で乗り換え)
○JR南武線・武蔵新城駅・南口出口徒歩2分(田園都市線は武蔵溝の口で乗り換え)
(バス)
○市営バス「児童公園前」停留所・徒歩1分
○市営バス「新城駅前」停留所・徒歩2分
(車)
○国道246号線梶ヶ谷交差点から約10分
○中原街道千年交差点から約5分
(その他)
JR南武線・武蔵新城駅南口前のUFJ銀行右側バス通りを直進徒歩2分
車→新城パーキング サービス券発行
お役立ち情報

薬心堂漢方薬局の地図

神奈川県川崎市中原区新城3丁目15-23

薬心堂漢方薬局の詳細をご紹介!

■取扱商品・サービス内容 事業概要など
§ご相談担当、佐治雅夫の略歴§
薬剤師、製薬会社での医薬品開発及び病院勤務の後、中国の北京中医薬大学日本分校を第一期生として卒業。平成元年に薬心堂漢方薬局を開局。

ご来局又はお電話で貴方の症状を詳しくお聞きした上で中国医学的に症状を分析し適切な漢方薬を調合いたします。日本全国(海外も可)へ毎日、調合した漢方薬を代金引換で発送しています。(1万円以上は送料サービス)
そのまま水でどこででも手軽に飲みやすく、続けやすいエキス顆粒が主体です。

§ご相談が多く、特に漢方薬をお薦めしたい病気§
◎婦人科の病気(不妊症、生理痛、生理不順、更年期障害、子宮筋腫、子宮内膜症)
◎神経(自律神経失調症、不眠症) 
◎皮膚科の病気(アトピー、にきび)
◎アレルギー科の病気(鼻炎、喘息)、花粉症
◎痛み(腰痛、膝痛、リウマチ)
◎消化器科の病気(胃腸虚弱、潰瘍、便秘、下痢) 
◎生活習慣病(糖尿、痛風、高血圧)
◎その他癌の相談(術前・術後) 虚弱体質、めまい、低血圧、冷え性、肝炎、腎炎 等です。

§当薬局の特徴§
◎不妊症のご相談には特に力を入れており、全国から妊娠・出産のご報告を頂いております。
原因不明の不妊症、黄体機能不全、多嚢胞性卵巣症候群、着床障害、受精障害
免疫性不妊、流産を繰り返している方、周期療法のご相談、基礎体温のご相談
(高温期が短い、高温期がギザギザしているなど) 男性不妊症など、お気軽に
当店の漢方薬をお試し下さい。

◎そのまま水で手軽に飲めるエキス顆粒の他に、本格的な漢方煎じ薬をご希望の方には、
漢方薬抽出自動包装機を使用し、煎じた漢方薬を液体の状態で1回分ずつパックにして
お渡しすることもできます。

§ご予約について§
ご来店の場合にはご予約の方が優先になりますので、お気軽にお電話でご予約下さい。

§取扱商品§
医薬品
◎漢方薬~エキス顆粒・煎じ薬・錠剤(中国薬、小太郎漢方、剤盛堂薬品、清心丸)
健康食品
◎韓国産高麗人参6年根・韓国産メシマコブ・アガリクス



スポンサー広告

ネットショップ広告


全国漢方薬店リストのおすすめ業者一覧はこちら。


    Warning: file_get_contents(http://shikailist.biz//select/r.cgi?day=15) [function.file-get-contents]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 500 Internal Server Error in /home/shikaili/public_html/109kanagaw/10447887785.html on line 107

今日のお勧め記事 ⇒ 漢方薬の飲み合わせについて

漢方薬同士の飲み合わせというのは、重篤な弊害はないですが、効果が重複する場合があるのでしないほうがいいと思います。ただし、甘草という成分においては、大量に摂取すると低カリウム血症などの症状にみまわれる偽アルドステロン症を起こしやすくなるので、一日6g以上にならないようにしなくてはなりません。やはり、そのような事も考慮すると、飲み合わせは避けたほうがいいでしょう。 風邪の場合、西洋薬の総合感冒薬と葛根湯などの漢方薬を飲み合わせてしまいがちですが、それ自体に問題はありません。た

全国漢方薬店リストについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。