トップ 全国漢方薬店リストについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

全国漢方薬店リスト神奈川県 > 大晏堂薬局

大晏堂薬局

大晏堂薬局

免疫力を上げて元気をつけ、血液サラサラ!お気軽にご相談下さい

“美しく若々しい身体をお望みの方”
“慢性病、難病でお困りの方”

★漢方薬は同じ病名でも症状、体質により用いる処方が異なります。
★自然の生薬が原料なので優しい効果です。
★相談を承る者は漢方歴30年以上の薬剤師です。(針灸師資格を持つ薬剤師もおります。)

大晏堂薬局:DATA
住所〒231-0057
神奈川県横浜市中区曙町5丁目63-1
電話045-231-0807
FAX045-231-0807
URLhttp://www.taiandou.net
営業10:00~18:00休業日 日曜・月曜・祝日休み
駐車場
業種漢方薬・薬草
アクセス(最寄駅)
○京浜急行線・黄金町駅徒歩3分
○地下鉄線・阪東橋駅徒歩2分
お役立ち情報 人生百年の時代となりました。
生ある限りいつまでも若々しい体であり続けたいものです。
漢方では不老長生といい、命ある限り外見は美しく体内も健康で
楽しい人生を全うするのが目標です。
 その為に、内分泌系に働く漢方、肌髪を美しくする漢方、元気をつける漢方
免疫の調整をする漢方等多数取り揃えてあります。楽しく素晴らしい人生にする
為、日常の生活に東洋医学を取り入れてみてはいかがですか?

大晏堂薬局の地図

神奈川県横浜市中区曙町5丁目63-1

大晏堂薬局の詳細をご紹介!

<<疲れやすい・元気がない・肌の衰え・体の老化を感じる>>
細胞の新陳代謝、免疫力の低下した現象です。漢方では虚と云い
漢方の服用により細胞が若返り漸々と元気がよみがえり自身がつきます。
(★即効性のある漢方もあります)

<<神経痛・リウマチ等つらい痛み>>
●漢方では痛む部位、痛み方により処方が違います。
ガンコな頭痛・肩背痛・胸痛・腰痛・手足の痛み・三叉神経痛・肋間神経痛・坐骨神経痛・変形性膝関節症等。

<<婦人病・不妊症>>
冷え性・生理痛・生理不順・帯下・頻尿・便秘下痢・耳鳴・のぼせ・肩こり・貧血・むくみ・手足のしびれ等。
★★不妊症・・・妊娠確率の高い今話題の周期療法★★

<<更年期障害・自律神経失調症>>
●外見ではなかなか解りにくいつらい症状です。
不安感・憂鬱・イライラ・クヨクヨ・涙もろい・めまい・頭痛・肩こり・動悸・不眠・疲れやすい・下痢・腹鳴等

<<慢性のなおりにくい皮膚病>>
・ニキビ・おでき・慢性湿疹・アトピー性皮フ炎:全身の免疫力を調整して体質改善致します。
・肌・粘膜のアレ・シミ:細胞の若返りをはかります。

<<がん・高血圧症・糖尿病・慢性肝炎・胃腸病>>
●がん:自然、獲得免疫を上昇させる漢方あります。
●高血圧症:血液をサラサラさせ全身のバランスをとることにより血圧を安定させます。
●糖尿病:国民病になりました。早目の漢方薬の服用をお推め致します。
(新薬と併用出来ます)

●その他、アレルギー性鼻炎(花粉症)、蓄膿症、慢性扁桃腺炎、痛風、その他難病、お気軽に御相談下さい

<<漢方ダイエット>>
●種々ダイエットメニューを揃えてあります。あなたの体脂肪量、体脂肪率、体水分量、BMI、基礎代謝量等を知ってより始めます。ムリなくヤセることが出来ます。

●大晏堂お推めサプリメント
 ・免疫乳酸菌・田七人参・霊芝・CoQ10・アミノ酸・紅麹・サメ脂質・ミミズ食品
 ・アガリスク菌糸体・冬虫夏草・イチョウ葉エキス・ノコギリヤシ・エゾウコギ

◎協力医療機関・・・東京渋谷“原宿クリニック”
今注目の癌免疫細胞療法で有名な診療所です。私供は当クリニック主催の免疫研究会会員でもあります。

○所属研究会等
・漢方元気会講師
・日本臨床抗老化医学会会員
・漢方療法推進会会員
・米国加州公認針灸中醫師公会会員
・免疫医学研究会会員



スポンサー広告

ネットショップ広告


全国漢方薬店リストのおすすめ業者一覧はこちら。


    Warning: file_get_contents(http://shikailist.biz//select/r.cgi?day=15) [function.file-get-contents]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 500 Internal Server Error in /home/shikaili/public_html/109kanagaw/10452310807.html on line 107

今日のお勧め記事 ⇒ 漢方薬の飲み方について

漢方薬の服用は、吸収を良くするために、食後2時間、または食前1時間位の空腹時といった食間と呼ばれる時間に服用するのが一般的です。もし、飲み忘れてしまった場合は、食後でもかまわないのですが、中には作用の強い漢方薬もあるので、服用する感覚が短くなってしまう場合には、無理して飲まずに、そのまま次の服用まで飲まないほうがいいでしょう。間違っても、飲み忘れたから一度に二回分服用するということは、してはいけません。副作用のリスクが二倍になると考えた方がいいです。 通常の薬剤のように、水

全国漢方薬店リストについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。