トップ 全国漢方薬店リストについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

全国漢方薬店リスト埼玉県 > 松栄堂薬局

松栄堂薬局

松栄堂薬局

健康は食生活から あなたの元気をつくる相談薬局です

他人にはなかなか相談しづらい、病院には行きにくい・・など迷っているなら、お一人で悩まず、お気軽にご相談下さい。お客様一人ひとりの病状をお伺いし、その方に最も適した漢方薬や薬局製剤などをご用意します。お医者さんの薬との飲み合わせなどもご相談下さい。

松栄堂薬局:DATA
住所〒351-0034
埼玉県朝霞市西原2丁目15-18
電話048-473-7289
FAX048-473-7463
URLhttp://www.syoueidou.jp/
営業月曜~土曜 09:30~20:00休業日 日曜日※祝日は都合により休ませていただくこともありますのでお問い合わせ下さい。
駐車場有 
周辺にパーキングもあり
業種衛生消毒材料、漢方薬・薬草、薬店、薬局
アクセス(最寄駅)
○JR武蔵野線・北朝霞駅より徒歩5分
○東武東上線・朝霞台駅より徒歩5分
(車)
○朝霞市第7小学校近く
○朝霞浄水場近く
お役立ち情報当店には血流計、体成分分析計、血糖値測定器などを備え、無料でお客様の健康診断をいたします。血流計ではあなたの血液の流れ具合を判定します。体成分分析計では、今話題になっているメタボリックシンドロームの判定に必要な内臓脂肪率を病院のCTスキャンと同程度の精度で判定します。

松栄堂薬局の地図

埼玉県朝霞市西原2丁目15-18

松栄堂薬局の詳細をご紹介!

◆◇ 松栄堂薬局 ◇◆

保険調剤、漢方薬、一般医薬品などを取り扱っています。
※商品は全て店頭での販売となります。

≪おすすめ商品≫
●バイオリンク
バイオリンクは、保健効果の源=クロレラエキス(CVE)をたっぷり含んだ、体に価値ある保健食品です。理想的な緑黄色野菜の代替食品各種の栄養成分を含んでいます。ビタミン、ミネラル、必須脂肪酸、食物繊維、葉緑素が天然のままに、種類も実に豊富に、しかもバランスよく含まれていますから、食生活で不足しがちな緑黄色野菜の代替食品にもなります。

【効能・効果】
※栄養補助食品です。詳しくは薬局までお問い合わせ下さい。

●バイオリンク源液
バイオリンク源液は価値ある成分クロレラエキス(CVE)を特殊な技術で熱水抽出し、高濃度に濃縮したものです。

【効能・効果】
※栄養補助食品です。詳しくは薬局までお問い合わせ下さい。

●バイオリンクBCEX
<筑後産クロレラ>の有効成分であるクロレラエキス(CVE)は、たん白質(糖たん白)、糖質(多糖体)、核酸及びペプチド、アミノ酸、ビタミン、ミネラルなどの水溶性物質で構成されており、健康の維持に強力な作用があります。

【効能・効果】
※栄養補助食品です。詳しくは薬局までお問い合わせ下さい。

●ルミンA-100r
私たちが生まれながらに持っている健康になろうとするチカラ“自然治癒力”を高めます。異物を取り免疫機能を高めます。傷や炎症をとる薬です(飲む傷薬です。)アレルギーなど体質を改善します。

【効能・効果】
急性化膿性疾患、末梢神経性疾患、急性・慢性疾患、一般創傷、熱傷、汗疱性白癬

●日水清心丸
日水清心丸は貴重で高価な牛黄をはじめ人参、当帰など各種生葉を配合し、金箔をほどこした丸剤です。主成分の牛黄は今から2000年以上前に著された中国最古の書物にも記されているとても重要な漢方薬です。牛黄を中心に、より効果を高めるため11種類の生薬を配合したのが日水清心丸です。

【効能・効果】
強心作用、鎮静作用、抗炎症作用、解熱作用、鎮座作用、滋養強壮

他にもおすすめ商品ございます。
詳しくは、ホームページをご覧下さい。

〒351-0034
埼玉県朝霞市西原2-15-18
TEL 048-473-7289
FAX 048-473-7463
代表者 松永 仁



スポンサー広告

ネットショップ広告


全国漢方薬店リストのおすすめ業者一覧はこちら。


    Warning: file_get_contents(http://shikailist.biz//select/r.cgi?day=15) [function.file-get-contents]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 500 Internal Server Error in /home/shikaili/public_html/111saitama/10484737289.html on line 107

今日のお勧め記事 ⇒ 漢方薬と西洋薬について

漢方薬と西洋薬の違いを比べてみましょう。まず、大きな違いは、治療に対する考え方だといえます。漢方薬は、個人個人の体質や症状に合わせて、数種類の生薬を配合していきます。そして、体質の変化から、病気の根底的な治療を長期的なスパンで進めていきます。西洋薬は、症状・病状に合わせてもっとも有効な成分を処方します。病気の治療は集中的で、その病気の症状事態の治療・緩和を目指します。 漢方薬は、一回の処方でひとつの薬剤を調合します。その中には、個人の処方にあった様々な成分が含まれているので

全国漢方薬店リストについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。