トップ 全国漢方薬店リストについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

全国漢方薬店リスト富山県 > かど薬局

かど薬局

かど薬局

新型インフルエンザ撃退!板藍根で守備板藍根のお茶入荷!

新型インフルエンザには、まず手洗、うがいなどの生活習慣はもちろんのこと、バランスのとれた食事の摂取や十分な睡眠も大切です。その上、ワクチンも手に入りにくいこの時期、頼もしい助っ人になる。健康の「お守り」に板藍根を!!
お隣の中国では、流行期に小中学校では板藍根を煎じたお茶を飲ませています。

かど薬局:DATA
住所〒930-0353
富山県中新川郡上市町法音寺42
電話076-472-0780
FAX076-472-3797
URLhttp://www.hokuriku-chuiyaku.com/ph_kado.html
営業09:00~20:00定休日/毎週日曜日その他(お電話をいただければ、ご相談にもお伺い致します)
駐車場有 
業種漢方薬店、漢方薬・薬草、薬局
アクセス(最寄駅)
○上市駅前徒歩1分
(その他)
上市駅前中央通り。上市駅前郵便局となり。光洋ビル1F。
お役立ち情報【 漢方薬はオーダーメイド!】
体質、環境や生活習慣など、ひとりひとり違うもの。同じ病名でも症状は様々です。
お話を丁寧にお聞きし、あなたに合った漢方薬をお選びし、養生法をアドバイスします。

★皮膚病、アトピー、周期療法による不妊治療の中国漢方薬の使い方を特に学んでいますので、お悩みの方はぜひ一度ご相談下さい。

お客様の心と体の健康を一緒に考えます。
薬剤師 鍼灸師:角 幸修

かど薬局の地図

富山県中新川郡上市町法音寺42

かど薬局の詳細をご紹介!

* * * * *
中国漢方は治療だけでなく、日々の生活の中に活かせる健康医学です。
生活習慣病やアレルギー症状などの改善に役立っています。
中国漢方とあなたの健康は、中医学を学ぶ当店にご相談ください。
* * * * *

■□「気」「血」「水」のバランスを大切に □■
健康増進のために漢方薬の活用で、「気」「血」「水」の三要素が体の働きを保持すると考えられており、それらがバランスよくスムーズに流れている状態が健康とされています。

特に血液の質や流れが良くないと、栄養や酸素が運ばれなくなり、老廃物の排出も滞ります。これが、成人病を引き起こす大きな原因となっています。
がんに続いて高い死亡率を占める脳梗塞、心筋梗塞、狭心症、子宮筋腫や生理痛などの婦人病。
最近は若年層の成人病も増えていますので早めのケアが必要です。

■皮膚病・アトピーには
・血熱に 温清飲・涼血清営顆粒など
・湿熱に 瀉火利湿顆粒、五行草など
・風熱に 消風散
・寒冷に 葛根湯、桂枝湯、麻黄湯など
・乾燥に 八仙丸
・体質改善に 衛益顆粒などがあります

■免疫を高め体の抵抗力を強めるには
アガリクス・星火霊芝宝、シベリア霊芝、白花蛇舌草など

■子宝相談(不妊症)には周期療法
婦宝当帰膠、参茸補血丸、海精宝、杞菊地黄丸などを生理周期によって使い分けます。

■血液サラサラには冠元顆粒

■□ こんな症状でお悩みの方、中国漢方をお試しください □■
◎ 腰や膝など関節の痛み
◎ 咳、喘息
◎ アトピー性皮膚炎、皮膚病
◎ おなかの張り、倦怠感など
◎ 婦人病、更年期の悩み
◎ 血圧や糖尿など、生活習慣病
◎ 胃腸虚弱、下痢、便秘
◎ 肌荒れ、吹き出物などお肌のトラブル
◎ 飲みすぎ、食べすぎ
◎ 冷え性、頻尿、尿漏れ
◎ 不眠、耳鳴り
◎ かすみ目、疲れ目
◎ のぼせ、寝汗

お客様の体質や症状に合わせ、最適な漢方をお選びしますので、どんな事でもお気軽にお聞かせ下さい。
お電話をいただければ、ご相談にもお伺いいたします。

元気になる「中医学食養生の基本」
医食同源という考えがありますが、漢方薬の治療効果を十分に発揮するために野菜を中心にバランスのよい食事をとる必要があります。
体質に合わせた食養生も御相談下さい。



スポンサー広告

ネットショップ広告


全国漢方薬店リストのおすすめ業者一覧はこちら。


    Warning: file_get_contents(http://shikailist.biz//select/r.cgi?day=15) [function.file-get-contents]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 500 Internal Server Error in /home/shikaili/public_html/118toyamak/10764720780.html on line 107

今日のお勧め記事 ⇒ 漢方と最新医療について

漢方と言えば、日本では昔から愛されてきた治療法の一つですよね。自然の成分からその人の症状に合った薬を調合し、煎じてもらうことでいろいろな体の不調を直すことができると考えられています。 日本に漢方が渡ってきてから約1500年をかけて、今の立場を確立しつつある漢方ですが、1967年から漢方薬は西洋医学の薬と同じように健康保険が適用となり、臨床現場でも活用されるようになってきたわけです。そして最近では、アメリカで最新医療としても漢方医療は注目を浴びるようになってきたようです。 と

全国漢方薬店リストについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。