トップ 全国漢方薬店リストについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

全国漢方薬店リスト香川県 > イナモト薬局/本店

イナモト薬局/本店

イナモト薬局/本店

★皮膚病薬★強壮強精剤研究★ニキビ・シミにクロロフィル美顔室

●日邦薬品「レバコール・若甦・長城清心丸・その他取扱い多数有」 ●週刊誌掲載精力薬「トノス」●日本クリニック特約店 ●化粧品 【■クロロフィル ■オードムーゲ ■アクル】
☆ニキビ・シミ・肌荒れでお悩みの方に!クロロフィル化粧品の美顔教室を併設。

イナモト薬局/本店:DATA
住所〒761-8064
香川県高松市上之町2丁目15-34
電話087-865-4540
FAX087-865-8516
URL
営業平日・土曜日 08:30~19:30
日曜日・祝日 09:00~17:00休業日 第1・第3日曜日・正月
駐車場駐車料金 無料
業種漢方薬・薬草、健康食品販売、薬局
アクセス(最寄駅)
○ことでん琴平線・三条駅・西出口徒歩2分
(バス)
○上之町停留所・徒歩0分
(車)
○栗林公園から3分
○ゆめタウンから2分
お役立ち情報●皮膚病薬・生活習慣病薬・漢方薬・強壮強精剤・美顔を研究して実績を上げています。
  又「かかりつけ薬局」としてお気軽にご相談下さい。
★支店紹介
  ◇花園店:087(833)4519/高松市藤塚町3-5-24
   [観光通りよりJR栗林駅方面に20m]
  ◇成合店:087(885)2870/高松市成合町905-3
   [西村ジョイ成合店の南隣]

イナモト薬局/本店の地図

香川県高松市上之町2丁目15-34

イナモト薬局/本店の詳細をご紹介!

≪下記の症状や健康に関すること、お気軽にご相談下さい≫
■皮膚病薬(アトピー、蕁麻疹、湿疹、虫さされ、かぶれ、みずむし、ニキビ、やけど、化膿性疾患等)
■慢性病薬(生活習慣病<糖尿病、高血圧、肝臓病、心臓病>ぜんそく、婦人病、
  アレルギー性鼻炎、腰・膝痛、神経痛、虚弱体質、痔等)
■漢方薬(症状、体質をお聞きして「あなた」にあった漢方薬をお渡しします)
■強壮強精剤(精力減退、勃起力減退、早漏等に外用薬・内服薬・用具を取り揃えています)
■毛髪(円形脱毛症、青年・壮年脱毛等)・わきが、多汗症
■美容・美顔(肥満、ダイエット、肌あれ、化粧品の相談)
■介護・健康に関すること等

≪取り扱い商品≫
□大衆医薬品
  日邦薬品(レバコール、若甦、長城清心丸、ワコンMゴールド、タウロミン、オキソピタン、
  長倉漢方その他多数)
  全薬工業・大正・興和・武田・エーザイ・エスエス・佐藤・その他多数の製薬会社商品有り。
□強壮強精剤(週刊誌掲載「トノス」・ガラナピン・プリズマホルモン・強力バロネス)
□特定保健用食品・栄養機能食品・ダイエット食品・各種サプリメント・その他健康食品多数有り。
 (特約店/日本クリニック・大正薬化工業・日邦薬品)
□化粧品(「クロロフィル」各種、「オードムーゲ」各種、「アクル」、資生堂)
□化粧関連商品(ワキガに「オドレミン」、角質除去に「クリアファインジェル」)
□「リジューヴェ」(ローラータイプの振動・温熱マッサージ器)、
 「ケアウェル」(超音波式頭皮ブラシ)、どちらもお試し器置いてます。
□衛生用品 □介護用品 □殺虫、消臭剤 □自然食品 □雑貨類

≪クロロフィル美顔教室(クロロ)≫
●ニキビ、シミ、ソバカス、肌荒れなどのトラブルを、クロロフィル化粧品でお手入れする
  お肌の学校です。
●入会金、ご相談、ご指導料は一切いただきません。ご安心してお越し下さい。
●専任の美顔師がお肌について、テキストとビデオを使って、わかりやすく説明します。
●ご納得していただきますと、お手入れに必要な化粧品をそろえていただきます。
  「1品¥1680~¥5250(税込み)」



スポンサー広告

ネットショップ広告


全国漢方薬店リストのおすすめ業者一覧はこちら。


    Warning: file_get_contents(http://shikailist.biz//select/r.cgi?day=15) [function.file-get-contents]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 500 Internal Server Error in /home/shikaili/public_html/137kagawak/10878654540.html on line 112

今日のお勧め記事 ⇒ 漢方医学の歴史

中国の伝統医学が日本に渡ってきたのは、6-7世紀ごろと言われているようです。平安時代・鎌倉時代と、漢方医学は日本ではお寺や僧侶などによって勉強され、僧侶などが患者さんを治療していたようです。室町時代になると、漢方医という職業が出現したそうで、室町時代までの漢方医学の歴史は、漢方医学の受容期と言われているそうです。 江戸時代に入ると、漢方医学はとても盛んになったようです。たくさんの村に漢方医が存在し、薬屋さんも出来て、漢方薬を担いで商売をする薬の行商人が、日本の全国各地を旅し

全国漢方薬店リストについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。