トップ 全国漢方薬店リストについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

全国漢方薬店リスト福岡県 > 薬草の森はくすい薬局

薬草の森はくすい薬局

薬草の森はくすい薬局

当店は漢方専門!長年の経験からあなたにあった漢方、探します。

私どもは、薬草・漢方を専門として、30年以上に渡って研究しております。薬草に関しては、1000種類以上もの品を取り扱っております。フリーダイヤル0120-893-181 でのご相談は朝8時から夜12時までOK!!また実店舗は日、祝日を除いて、朝10時から夜6時まで営業しています。
ぜひ、ご来店下さい。

薬草の森はくすい薬局:DATA
住所〒814-0123
福岡県福岡市城南区長尾1丁目17-9-1F
電話092-871-7077
FAX092-871-7077
URLhttp://www.aurora.dti.ne.jp/~hakusui/
営業10:00~18:00 休業日 日・祝日その他(フリーダイヤルでのご相談は朝8時から夜12時までです)
駐車場7台 駐車料金 無料
業種漢方薬・薬草、化粧品販売
アクセス(バス)
○長尾5丁目バス停留所・徒歩0分
(車)
○油山観光道路 笹丘ダイエーから3分
(その他)
目印 油山観光道路長尾5丁目バス停
お役立ち情報当店では、お買い上げ金額によって様々なサービスをご用意しております。3000円以上お買い上げのお客様には、代引き手数料、又はセブンイレブン決済(前払い)時に発生する手数料が無料になります。5000円以上お買い上げのお客様は、上記の手数料無料に加えて、送料も無料とさせていただきます。その他、様々なサービス等ご用意しておりますので、是非、お気軽にご来店下さい!フリーダイヤル0120-893-181まで

薬草の森はくすい薬局の地図

福岡県福岡市城南区長尾1丁目17-9-1F

薬草の森はくすい薬局の詳細をご紹介!

当店売れ筋はコエンザイムQ10が1粒に50mg入っている真斗利来素(マトリクス)や日新製薬の流石茶(さすがちゃ、りゅうせきちゃ)、求心商事のメシマピュア、当店特選!ナタマメ茶、ナタマメ粒、イスクラ産業株の冠元顆粒(かんげんかりゅう)、婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)、カポニー産業の松寿仙(しょうじゅせん・ショウジュセン)やサンクロンなどです。また、健康茶はシジュウム、ナタマメ、ウコン、アシタバ、ゴーヤなどその他数十種以上を取り揃えております。そしてハーブはラベンダー、カモミール、フィーバーフュー、ローズ、ハイビスカス、その他約20種以上の取り扱いもございます。もちろん、漢方薬には当店で作る煎じ薬もあります。例えば、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)、桂枝茯苓丸(けいしぷくりょうがん)、防己黄耆湯(ぼういおうぎとう)、防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)、半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)などたくさんあります。一元製薬、三和生薬、松浦漢方、ウチダ和漢薬などの各種漢方薬(例:葛根湯(カッコンとう)、安中散(あんちゅうさん)、小青龍湯(しょうせいりゅうとう)、加味逍遥散(かみしょうようさん)十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)、剤盛堂薬品(ホノミ漢方)のジョッキ、シノミッテルカプセル、エッキ、アクトマン、パナパール、鼻の漢方薬であるホノミビスキン、ホノピエンや八つ目製薬の海馬補腎丸(かいまほじんがん)、降圧丸(こうあつがん)、槐角丸(かいかくがん)、鼻淵丸(びえんがん)、他にも坂元のくろずや日本山人参、日本糖尿食研の菊芋のエキス、カポニー産業のササイサン、ササカール、力勇仙(りきゆうせん)、風治散(ふうちさん)、求心商事の仁壽(じんじゅ)、とても有名な正官庄紅参(せいかんしょうこうじん)、健康食品はタヒボ、ダイエットによく使用されラカンカ顆粒、100%コラーゲン粉末、ザクロ濃縮液、ノコギリヤシエキスの入ったパルメットキング、マカ、アガリクス等があります。煎じるための土瓶も大、小ともに取り扱っており取手のみ販売も可能です。



スポンサー広告

ネットショップ広告


全国漢方薬店リストのおすすめ業者一覧はこちら。


    Warning: file_get_contents(http://shikailist.biz//select/r.cgi?day=15) [function.file-get-contents]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 500 Internal Server Error in /home/shikaili/public_html/140fukuoka/10928717077.html on line 107

今日のお勧め記事 ⇒ 漢方薬の飲み方について

漢方薬の服用は、吸収を良くするために、食後2時間、または食前1時間位の空腹時といった食間と呼ばれる時間に服用するのが一般的です。もし、飲み忘れてしまった場合は、食後でもかまわないのですが、中には作用の強い漢方薬もあるので、服用する感覚が短くなってしまう場合には、無理して飲まずに、そのまま次の服用まで飲まないほうがいいでしょう。間違っても、飲み忘れたから一度に二回分服用するということは、してはいけません。副作用のリスクが二倍になると考えた方がいいです。 通常の薬剤のように、水

全国漢方薬店リストについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。